HOME > バングラデシュの実態(ブログ)

2013/5/13 月曜日 6:40 PM

2013年4月24日、バングラデシュで衝撃的な事故が起きました。

地震でも暴風でも爆弾テロでもない平日の昼間、

突如バングラデシュのアパレル工場が ガラガラガラ と崩壊。

死者1200人以上、重軽傷者は2300人、行方不明者500人。

災害とテロを除き、史上最悪の事故となったバングラデシュ・サバールの工場崩壊事故の話です。


バングラデシュ首都ダッカ、

北東部に位置する工業地区「サバール」(現地発音はシャバール)。

ここはアパレル輸出世界第二位にまでのぼり詰めたバングラデシュの中でも

特にアパレル工場が多く集積する地区。

この地区はダッカでも郊外に位置するはずなのに、

周囲には5階建て、6階建ての巨大な建物が立ち並ぶ。

日本人からすると学校か巨大商業ビルかのように感じるが

実は全て「アパレル工場」


その中でも一際際立つ建物「ラナプラザ」はそこにあった。

なんと周囲の建物の2倍、9階建ての建物は

現地でも有名な建物だった。


一つはその高さ、一つは地元では有名なオーナーMr, RANA, そして、

いつか崩れるのではないかというその不安定さ。


4月23日、運命の日の前日、予兆はあった。

ビル全体に亀裂が入っていた。

工場の人たちは恐怖を感じ、一時全員外に避難をした。

しかし、そこに、一人の小太りな男が現れた。

Mr. RANA, この建物のオーナーでもあり、アパレル工場のオーナーでもあり、そしてこのシャバール地区選出の政治家でもある。

彼は何があったのかを聞くと、突然に大きな声を張り上げこう言った

「お前たち、何をしているんだ!早く職場に戻れ!この建物は大丈夫だ、壊れる事などない!あと100年は持つんだ。」

RANAは分かっていた。そんな事はないと。100年も持つはずはない。

なぜなら、元々このビルの設計は4階建てだったのだから。なのにアパレルの仕事がどんどん増えたから、無理やり上にフロアを継ぎ足したのだから。それに鉄筋など金のかかる建材はどんどん省いたのだから。

しかし、それでもラナは焦っていた。無理にでも工場を稼動させなければならない事情があった。それは主要顧客からの納期の締め付け。

ただでさえ、4月はバングラデシュでデモ活動が多く、アパレル生産の計画は遅れに遅れていた。ヨーロッパのバイヤーからは毎日催促が続く。そしてこれ以上遅れたら取引を停止するといわれていた。ここで工場を止めるわけにはいかない。

そしてこう叫んだ

「明日も予定通り稼動する。こない奴はこなくてもいい。そのまま永遠に来るな。代わりはいくらでもいるんだ」

その日はなんとか無事に業務は終了した。しかし建物の壁に目をやった誰もが感じていた。さすがにそのうち崩れると。

その夜、全ての女性たちは家で考えた。明日工場に行くべきか否か

しかし、多くの女性は、それでも働きに出ることを決意した。いかざるを得なかった。

行かなければ仕事を失う。仕事を失えば実家の家族に仕送りができない。仕送りどころか、今月の家賃も払えない。私の給料は約4000円。でも家賃はそのうち1000円。食費でも2000円ほどは使っている。家賃を払えなかったらどうなる?この家のオーナーは誰か覚えているか?この地域を仕切るマフィアだ。払えなければ同部屋のあの子が払わないといけないことになる。それでも払えなければ、、、良くてレイプ、最悪は殺されて隣の川に流されるだけ。他に選択肢はない。もう月末に近い。なんとか月末まで乗り切りたい。


そして運命の日。

いつも通り、女性たちはあの工場ビルに集まった。その数4000人。朝から順番に、この心もとないビルに入っていく。ある人は神を信じて、ある人は覚悟を決めて。

そして、全員が揃い、稼動が始まる。全員が一斉にミシンの前に座り仕事を始める。工場の消費電力量が段々と増していく、いつも通り公共電力の限界に近づく。そしてバックアップのジェネレーターの稼動が始まり、巨大なジェネレータが爆音を放ち出す。その時

「ゴゴーン」

一瞬だった。積み木が崩れる瞬間、まさにそれと同じだった。

建物の中には鉄筋など全くなく、乗せただけの積み木のバランスが崩れて壊れる、まさにそれと同じ事が起きた。

逃げる間などない。ほぼ全員が崩れた瓦礫の中にいた。

(これがバングラデシュ・サバール工場崩壊事故の実話です)

2013/1/4 金曜日 1:59 PM

バングラデシュの病院事情1/2

ちょっと私、腰を痛めているので、

今日はバングラデシュナンバーワンと言われる整形外科にいってみた。

ナンバーワンと言っても、評判がナンバーワンなだけで、

病院としてはそれほど大きな所ではない。

200平米の広さで6フロア。ちょっと大きなクリニックくらい。

日本の整形外科に比べたら全然小さい。


診察室に入ると、いつも通り

Where are you from ?(どこからきたのですか?)

I am from Japan !(日本からです)

Oh Japanese ! Welcome to Bangladesh ! I love Japan !

(おー日本人!バングラデシュへようこそ!日本大好きです)

から始まり、

What do you do in bangladesh ?

(バングラデシュで何をしているんですか?) と聞かれる。


(岡崎)投資アドバイザリーの仕事をしています、日本には資金があまっているけど、もはやいろいろすでに開発してしまっていて、これ以上開発や投資する先がない状態になっていて、反対にバングラデシュは金さえあればもっとファシリティや都市自体、社会インフラの開発を早く進めることができて、人々がもっと効率的で幸せな生活ができるようになるはず。もちろんバングラデシュは途上国なのでリスクもあるけどリターンも大きい。でも一番のポイントはそもそもその可能性と意義を人々が知らない事。これをちゃんとプロジェクトの形にして、損益計算もしたうえでリスクも含めて日本人に伝えていき、投資の検討自体をまずしてもらうということをしています


というと、

(ドクター)「それはすばらしい、ちょっと待ってくれ」

といってベンガル語で電話を始めた。


電話が終わると、

(ドクター)「こちらへきてください、」

といわれてどこかへ連れて行かれる。

何だろうと思ってついていき、連れていかれた部屋に入ってみると

誰だか偉そうなおじさんが座っている。


(ドクター)「この方はこの病院の創業者で、バングラデシュのメディカル協会の会長を去年まで務めていた方です」

・・・ん?、それはもしかして結構偉いヒトなのではないだろか。

しかも去年までって、つい3日前じゃないか。


(偉い人)「Nice to meet you ! thank you for coming、お茶とコーヒーどちらがいいですか?」

あ、いや、腰の薬もらいに来ただけなので、お茶もコーヒーもいらないんですけど。。。と思いながら、でも反射的にコーヒーをもらってしまう。

と思ったら、また電話をし始めた。そして電話が終わると、また外へ連れ出された。


今度連れていかれたのは、、、岡崎が診察で通された場所とは別の病室だった。

そこには、、、

バングラデシュの病院事情2/2

(続) そこには、、、

10畳くらいの部屋にベッドが6台も押し込められている、

そして一部のベッドには二人が寝ている

見舞いのヒトもたくさんいて部屋はヒトで一杯。


室内は不潔ではないがきれいでもない。

窓は開いていて外のダッカの騒音と砂埃を含む風が入る。

決して快適な空間ではなく非常にストレスフルだ。

他のフロアも見せてもらったが、同じような状況だ。明らかに全然部屋・スペースが足りていない。


部屋に戻ると偉いヒトが話し始めた


「バングラデシュではこの整備されていない交通状況で非常に多くの事故が起きている。それに人々は大きな重い荷物を頭に乗せて運ぶので、慢性的・全体的に骨格にゆがみをもたらす。整骨治療の需要は非常に高い」


「私は去年まで2年間、バングラデシュ・メディカル協会の会長を務め、任期が満了した。今年からはまた現場に戻り、より多くの国民の慢性的な怪我を治療し、再び仕事に戻り、健康で幸せな生活を送れるようにしたいと思っている。私の知名度もあり患者は非常に多い」


「しかし、残念ながらこの病院は非常に小さい。優秀なドクターも集まってきてくれるのに受け入れ可能な患者数が限られてしまっている。ベッド数が少ないので、本当は入院が必要な患者にも帰ってもらわないといけない状態。この状態をなんとかしたい」


「もっと大きな建物に移動したいのだが、今はダッカは非常に不動産価格が上がっており、その病院の入居の保証金が出せない状態。利益自体はそれなりに出ているが、医療機器も定期的に購入しなければいけないので、保証金がやはり高い。」


「日本で、病院事業へ投資を考えてくれる投資家というのはいないだろうか、リターンは通常の不動産会社ほどではないが一定以上保証する、元本は当然に保証する、株主になって病院経営への参加でもいいし、保証金部分だけをオーナーとして負担してもらうのでもいい。病院をもっと大きくして、もっと多くの国民を救いたいんだ」


はっと気づかされた。


今まで私は、そもそも貧しいこの国では、一般のヒトはそもそも病院に行っても診療費が払えないので、必要なのは診療費を補助・支援してくれるNGOや国際機関のドナーだと思っていた。しかし、もちろんそれも必要でありつつ、もう一つ必要なのは、所得が増加しつつある中間層、もしくは補助金をもらった貧困層が、ちゃんと一級の治療を受けられる施設自体も足りていないということだった。そして、それがドクターが足りていないとか、治療設備が足りていない等であれば想像はつくものの、なんと、設備もドクターもいるのに、足りないのは都心部の不動産価格高騰により高くなりすぎた「敷金・保証金」のための資金 であった。。。


通常、会社に投資する場合には、事業自体がうまくいかないと投資が返ってこないとか、その他経営者が使ってしまったら返ってこないとか、様々な返ってこないリスクはある。


しかし、「敷金・保証金」は、基本的にはオーナーが自己破産しない限り、退去する時には返ってくるのが原則。なので株式投資よりもリスクは低い。

これを担保に取る事で、最悪ゼロになるリスクを抑えた上での病院経営への投資ができる。

これをもってもっと多くのドクターが、自分の時間と能力を最大限生かした効率的な診察の仕方をすれば、もっと多くの患者が適切な治療を受けられるような気がする。

もちろん投資したヒトも、それにより病院の利益が増えればより高いリターンも取れる。


これはおもしろいスキームな気がしてきた。

あとはこの提案に乗ってくれる投資家を日本で探さなければ。。。

はぁ、自分が10億円くらい持っていたら、ポンってこの案に出すんだけど。

と自分の力不足と支援のためのお金の大切さを感じた日でした。

そして同時に、薬をもらわないまま出てきてしまったことにも気づきました。

2013/1/3 木曜日 12:38 PM

2013年新年の御挨拶

バングラビジネスパートナーズの岡崎です

新年あけましておめでとうございます、

2012年は皆様に大変にお世話になりました。

2013年は昨年の2倍がんばりますので引き続きのご支援どうぞよろしくお願い致します。


2012年はまだまだ十分にはバングラデシュのことを理解できていなかった部分もあり、

安易に日本の方に多額の投資をしていただいて問題が起きてもいけないので、

かなり慎重に、保守的に調査をしながら物事を進めてきました。

それにより様々な事がわかってきましたので、

2013年は昨年よりも大きくやっていきたいと思っています。


2013年の予定・目標(構造的プロジェクトonly)

1.日本企業専用の工場団地の開発・運営(生産誘致)

  1. 日本企業専用の工場団地・レンタル工場を企画、日本企業のアジア最安コストであるバングラデシュでの生産を支援します
  2. 同時にバングラデシュでの雇用創出に寄与します。


2.日本からの投資による地方都市開発、産業の分散化

  1. 日本の投資家の不動産投資を誘致します、高めのリターンを安全に出せるようサポートをします
  2. 都市開発、特に郊外の開発を進めることで、現在中心部に過度に集中して地価が高騰し、渋滞がひどく、都市機能がマヒした状況の改善を目指します


3.日本のモノを総合的に現地に浸透させるためのマーケティング兼複合販売代理店会社の設立

  1. 現地人が日本好きでありながら、日本のものがそもそもなくて、または日本よりも高くて買えない、結局ファンになりえないという状況がおきています
  2. とりあえず日本のモノを多く販売して、マーケットエクスポージャーを増やして、まずは買いたければ買える状況を作ろうと思っています。


4.日本での継続的バングラデシュマーケティング、出版等

  1. バングラデシュを知っている日本人が思ったよりも少ないことがわかったので、今年は日本でのマーケティングに力を入れたいと思っています、本も出したいと思っています。


5.BoPビジネスプラットフォーム

  1. BoPビジネスをやりたいヒトたち、企業の方たちが、本当に現地の低所得者層に適した商品開発に専念をできるよう、販売・流通サイドでサポートできるようなプラットフォームを作れないかと考えています。


6.貧困層の居住環境改善のソーシャルインベストメント立ち上げ

  1. 今のひどい、そして改善の兆しが見えないダッカ・アーバンスラムの状況をなんとかもう少しでいいから改善するためのプロジェクトを作りたいと思っています、


他にも個別企業レベルでは様々なおもしろいプロジェクトを企画しています。


基本は、バングラデシュの産業発展にも役立ち、日本企業の海外での売上獲得、または投資家のリターン獲得にもつながるプロジェクトを、より高いレベルで作っていきたいと思っています。


2013年もどうぞよろしくお願い致します。


岡崎透

バングラビジネスパートナーズ

2011/10/7 金曜日 6:46 PM

バングラデシュより 2012年 年末の御挨拶

2012年 年末の御挨拶


バングラビジネスパートナーズの岡崎です

今年も終わりに近づいていますが皆様2012年はいかがでしたでしょうか?


私岡崎透は一年の半分以上をバングラデシュですごし、

バングラデシュで様々にネットワークを広げ、

バングラデシュの状況を調査し、理解し、

そしてそれを多くの日本企業に伝え、

バングラデシュビジネスに興味を持ってくださった方々に、

バングラデシュで本格的にビジネス・投資ができるよう

サポートをさせていただいてきました。


具体的には主に以下のサポートをさせていただきました。(断念案件・継続案件も含む)

①    バングラデシュでアパレル製品を生産委託されたい方のサポート

②    バングラデシュでバッグ製品を生産委託されたい企業様のサポート

③    バングラデシュに工場建設をされたい企業様のサポート

④    バングラデシュで建設資材を生産・調達されたい企業様のサポート

⑤    バングラデシュの製薬系商品を生産・調達されたい企業様のサポート

⑥    バングラデシュに土地を買いたい方のサポート

⑦    バングラデシュにマンションを買いたい方(投資用)のサポート

⑧    バングラデシュの建設プロジェクトに投資されたい方のサポート

⑨    バングラデシュでレストランを経営されたい企業様のサポート

⑩    バングラデシュでファーストフード店をされたい企業様のサポート

⑪    バングラデシュでホテルを経営・投資されたい方のサポート

⑫    バングラデシュでガソリンスタンドを運営・投資されたい企業様のサポート

⑬    バングラデシュで建設業をされたい企業様のサポート

⑭    バングラデシュで船を作りたい企業様のサポート

⑮    バングラデシュに医療機器を販売されたい企業様のサポート

⑯    バングラデシュにサプリメントを販売されたい企業様のサポート

⑰    バングラデシュに日本の食品・製菓を販売されたい企業様のサポート

⑱    バングラデシュに日本の中古車を販売されたい企業様のサポート

⑲    バングラデシュに日本の建設機器を販売されたい企業様のサポート

⑳    バングラデシュで発電機を販売されたい企業様のサポート


これらの全てを成功に導けているわけではなく、また継続案件も多くありますが、来年はこちらのキャパシティも拡張してより多くの企業様が確実にバングラデシュで事業を作れるよう尽力していきたいと思っています。


また、自社事業として、いくつかの事業スタートに向けて準備を進めました

①    日本企業を対象にした工場団地ジャパンファクトリータウンプロジェクト

②    地域開発を念頭にいれた不動産投資事業

③    日本の様々な製品の委託販売を引き受け、日本製品を戦略的に一括してアピールし販売していくジャパンマーケティング事業

④    プライベートブランドでのバングラデシュ生産のレザーバッグ販売

⑤    バングラデシュ進出後のサポート会社としてのアカウンティングファーム


また、マーケティングの一環として、いくつかのセミナーをやらせていただきました

①    バングラデシュ大臣を招致してのバングラデシュ進出・投資セミナー

②    他のアジア国と共同でのバングラデシュ進出・投資セミナー

③    バングラデシュ不動産投資セミナー


来年は他の様々な機関・会社様と合同でのセミナーを増やし、より多くの企業様にバングラデシュのビジネス機会を認知していただけたらと思っています。


来年は他の様々な機関・会社様と合同でのセミナーを増やし、より多くの企業様にバングラデシュのビジネス機会を認知していただけたらと思っています。

本年は本当に皆様のご配慮・ご協力・ご支援に助けていただきました。

今年なんとかやれてきたのは本当に皆さまのおかげです。

どうもありがとうございました。

2013年もどうぞよろしくお願い致します

岡崎透

バングラビジネスパートナーズ